長期保持とアーカイブ

複雑なコンプライアンスおよび規制要件を満たす

arrowソリューション概要をダウンロード
parallax img
https://www.cohesity.com/wp-content/uploads/2018/07/green_arrow.png

データ保持コストが高い

進化するコンプライアンスおよび規制要件を満たすために、企業は大規模なデータセットを長期間保持する必要があり、これには費用がかかり管理が複雑です。

長期保持とアーカイブ

単一のポリシーベースのソリューションにより長期保存が簡素化され、パブリッククラウドまたはテープライブラリ内で、バックアップされたデータを自動的にアーカイブに移動できるようになります。

柔軟で費用対効果が高い

パブリッククラウド、プライベートクラウド、S3と互換性がある任意のデバイスやQStarで管理するテープライブラリなど、複数のターゲットにデータをアーカイブできます。

簡単なデータアクセス

高速のワイルドカード検索を使用すると、パブリッククラウド内のアーカイブデータを簡単に検索することや復元することができます。

即時リカバリ

Cohesityは、個々のVMをリカバリしてソースのVMにファイルを復元し、各アプリケーションオブジェクトを回復させます。

TCOの削減

クラウドにおける真のグローバル可変長重複排除および圧縮により、クラウドストレージのコストが大幅に削減されます。

シームレスなデータモビリティ

Cohesityのポリシーベースの自動データモビリティにより、高い運用効率とSLAが実現します。

スナップショットアーカイブ

Cohesityクラスターの古いローカルスナップショットをパブリッククラウドにアーカイブして長期保持できます。

データ保持を自動化

アーカイブターゲットとしてのパブリッククラウド、またはテープでのデータ保持を自動化し、希望通りの保持期間を設定できます。

アプライアンス統合

Azure Data boxと類似のアプライアンスを統合し、大量のデータをパブリッククラウドに簡単に転送できるようになります。

Green Pattern