parallax img

AWS上のデータの保護と統合

Cohesity DataPlatformソフトウェアは、Amazon Web Services上で実行するよう設計されています。AWSクラウドとAWS Outpostsとのネイティブ統合は、ハイブリッドクラウドにおけるデータの保護と統合に役立ちます。

ハイブリッドのユースケース

ハイブリッドのクラウドデータファブリックを構築して、長期保持バックアップディザスターリカバリー開発/テストなどのハイブリッドかつクラウドネイティブな、多様なユースケースに活用しましょう。

cohesity-test-dev-hybrid-diagram-v2
AWS Outpostsを保護

AWS Outpostsのバックアップとリカバリーを行い、データをAWSクラウドにアーカイブ

長期保持

バックアップデータをAWSストレージサービスにアーカイブすれば、長期的な保持が可能です。

ディザスターリカバリー

フェイルオーバーとフェイルバック機能を使用して、AWSのディザスターリカバリーを実現します。

ストレージ階層化

ポリシーを使用して、コールドデータを自動的にAWSに移行します。

クラウドネイティブのユースケース

開発/テスト

AWS上のアプリケーションとVMを即座にスピンアップします。

クラウドネイティブバックアップ

AWSアプリケーションを保護し、EC2、RDS、EBSデータのバックアップをグローバルに管理します。

直接バックアップ

AWSに直接バックアップできるので、オンプレミスのバックアップソフトウェアとストレージは不要です。

circular icon with light bulb
circular icon with light bulb
20%

データセンターのバックアップ先としてパブリッククラウドを使用する企業の数は、2020年までに現在の2倍になり、20%に達する見込みです。

ガートナー社 - バックアップとリカバリーにパブリッククラウドIaaSを活用する方法

AWS上のCohesityソリューションを活用すると、自動かつ安全なバックアップと、完全なライフサイクルのディザスターリカバリーをクラウドで実現できます。Air Bud EntertainmentはCohesityを使用することで、1つのプラットフォームを用いて、データを簡単に検索および復元し、本番スケジュールを順調に進め、時間と費用を節約できるようになりました。

テクニカルディレクター、タイソン・クラーク(Tyson Clark)氏

ケーススタディはこちら

HCIへの興味関心は急速に高まっています。データ保護と管理を効率化する機会のあるセカンダリストレージにおいては特にそうです。AWSクラウドでCohesity DataPlatform Cloud Editionを使用できると、エンタープライズ向けのハイブリッドアーキテクチャの作成が容易になり、バックアップ、ディザスターリカバリー、開発/テスト、アプリケーションの可動性などのさまざまなユースケースに対処できるのです。

リサーチ担当バイスプレジデント、ヘンリー・バルタザール(Henry Baltazar)氏

準備は万全ですか。

Green Pattern