ディザスタリカバリーとレプリケーション

どんな環境でもほぼ瞬時にすべてのデータをリカバリーします。

arrowソリューション概要をダウンロード
parallax img
https://www.cohesity.com/wp-content/uploads/2018/07/green_arrow.png

リスクとリカバリー戦略

特にハイブリッドクラウド環境で運用しているときに、ダウンタイムを削減するには、正しいDR戦略をきめ細やかに適用する必要があります。

どんな環境にも対応

CohesityはIT環境全域をレプリケーションし、合理化されたきめ細やかなディザスタリカバリーを可能にします。Cohesityなら環境を問わずにほぼ瞬時にデータをリカバリーできるため、ダウンタイムが最小限に抑えられます。

バックアップだけではありません

1つのソリューションでマルチクラウドディザスタリカバリーをシームレスに実行します。

サイトの不具合

サイト機能が完全に失われるのを防ぐため、サイトを(オンプレミスあるいはクラウドで)1つずつレプリケーションします。

自動レプリケーション

ハイブリッドクラウド環境のバックアップやレプリケーションには、ポリシーベースの自動化を使用します。

データの再利用

開発/テストあるいは分析など他の目的のためにデータを別の場所に簡単にレプリケーションできます。

どこでもリカバリー

データやアプリケーションを元の場所あるいは別の場所に簡単にリカバリーすることにより、ビジネス継続性を確保します。

簡単なデータモビリティ

CloudReplicate機能を使って、オンプレミスから一般の大手クラウドのいずれかにデータをコピーします。

オンプレミスのフォールバック

CloudRetrieve機能を使って、オンプレミスでクラウドからCohesityクラスターにデータを瞬時にリカバリーします。

ビジネス継続性

オンプレミスVMsでクラウドに自由自在に無駄なく移動し、CloudSpinでリカバリーします。

自由自在なレプリケーショントポロジー

数多くのレプリケーショントポロジーの中から、1対1や1対多、あるいは多対1のシナリオを選択します。Cohesityは、複数のDRクラスターを主要クラスターに登録するアビリティをサポートします。

シンプルな管理

1つのUIでコアからクラウド、エッジに至るまで、すべてのデータ保護サービスを管理およびプロビジョニングします。

TCOの削減

グローバルな可変長重複排除と圧縮により、ネットワークの帯域幅を大幅に削減し、データのレプリケーションを最適化します。

SLAを遵守

ポリシーベースの自動化とAPI統合によってワークフローを自動化し、データ保持の目標を満たします。

VMwareのためのディザスタリカバリーとオーケストレーション

ディザスタにはどう対処すればよいでしょう。バックアップはしっかり保存していますか。ebookをダウンロードして学習しましょう。

  • VMwareのディザスタリカバリーのアプローチとオプション
  • データ可用性ソリューションの検討
  • データリカバリーの手順
arroweBookをダウンロード

私たちは2年以上前に従来のバックアップソリューションをCohesityのデータ保護ソリューションに置き換えましたが、これはIT部門において今までで最高の決断でした。Cohesityのマルチクラウドプラットフォームはバックアップソリューションの改善にとどまらず、それをはるかに超えたものであり、データとアプリケーションの全く新しい管理方法でした。

シニアシステムマネージャー、マーロン・ウェンセスラオ(Marlon Wenceslao)氏

ビデオを見る

準備は万全ですか。

Green Pattern