エンタープライズオブジェクトサービス

WindowsおよびLinux/Unixクライアントとシームレスに統合されるオブジェクトストレージ。クラウドおよびオブジェクトプールのネイティブS3。

すべてのデータをS3として読み取り可能

NFS、SMB、S3を含むすべてのデータを常にS3として読み取り可能。

成長に応じた料金体系

小さく始めて、大きく成長。

無限の拡張性

リニアパフォーマンススケーリングによる無限の容量。

統合サイバーセキュリティ

あらゆる形式のサイバー攻撃の脅威から本稼働環境を保護。

高い費用効率

より多くのデータを同じディスク容量に格納してコストの削減。

統合と階層化

拡張し統合。任意のS3リポジトリーまたはクラウドに階層化。ゲートウェイなし。

SmartFilesとCohesity DataPlatform

Cohesity DataPlatformに含まれるSmartFilesでは、豊富なエンタープライズ機能を活用できます。これにはNFS、SMB、S3のマルチプロトコルサポートと統一された権限、書き込み可能なスナップショット、APIファースト設計、フェイルオーバー/フェイルバック、DRオートメーション、WORMが含まれます。

Cohesity MarketPlace

任意のアプリをDataPlatform上で実行(外部インフラは不要)。

分散アーキテクチャー

厳密な一貫性を保ち、完全に分散されたシェアードナッシングアーキテクチャー。

エンタープライズサーチ

場所を選ばず、複数のワークロード、クラウド、サイトに分散したあらゆるデータを検索。

セキュリティ、効率、コスト

サイバーセキュリティ

暗号化、多要素認証、高リスク情報の特定と対処、FIPS 140-1と140-2。

ストレージ効率

スライディングウィンドウ方式の可変重複排除、クロスサイロ重複排除、高度な圧縮。

ポリシーベースの階層化

S3アーカイブやクラウドへのコールドデータの階層化。

豊富なエンタープライズ機能

制限のない書き込み可能なスナップショットにより、開発/テスト環境や本稼働環境で必要とされる複製を無償で作成できます。以下の機能が提供されます。

  • APIベースのカスタマイズ可能な自動オブジェクトサービス。
  • ディザスタリカバリー(DR)オートメーション。
  • WORM:オブジェクトの変更防止。

クラウド対応

Amazon Web ServicesMicrosoft AzureGoogle Cloudとネイティブに統合されます。Cohesityでは、パブリッククラウドサービスへのアーカイブによってデータの長期保持(LTR)を実現します。クラウドの階層化を活用し、透明性を維持しながらデータの保存領域をクラウドに広げることができます。クラウドへの転換により、地理的な冗長性を生かしたディザスタリカバリーを実現できます。

ストレージクラスターのサイズを過去の公開テストよりも大幅に拡大した大規模なスケーリングの下でCohesityの検証テストを行いましたが、結果はすばらしいものでした。 複数のタイプのIOで、クラスターテストの目標であった256のCohesityストレージノードまでパフォーマンスが低下しませんでした。

Taneja Group、2017年7月

レポートを読む

無限の拡張性と、オブジェクトのグローバルなストレージ効率を実現する必要がありますか?

Green Pattern