HeroBanner
HeroBanner

企業の評判を危険にさらさないために

サイバー犯罪者はますます巧妙になっています。彼らは本番システムをロックし、バックアップを破壊するだけでなく、機密データも盗み出そうとしています。ランサムウェアの世界的被害額は、2031年には2,560億ドル*に達すると推定されています。次の被害者にならないために対策が必要です。

*文献:Cybersecurity Ventures、2021年6月

ランサムウェアの進化

1.0 本番データの暗号化

課題

ランサムウェアの最初のバージョンは、本番データを標的とし、暗号化したデータを解除するためのキーと引き換えに支払いを要求します。

解決策

組織がランサムウェア1.0に対抗するには、大規模なデータを迅速に復旧する最新のバックアップが必要になります。

2.0 バックアップデータの破壊

課題

サイバー犯罪者は、確実に支払いをさせるため本番データ以外のデータも攻撃してきます。巧妙なマルウェアはバックアップデータを狙い、破壊することで、停止時間の長期化と経済的損失の拡大を招きます。

解決策

イミュータブル (不変の) バックアップと最新のデータ隔離技術により、ランサムウェア2.0からのデータ保護を可能にします。

3.0 データの窃盗

課題

サイバー犯罪者は、本番データとバックアップデータを暗号化するだけでは満足せず、データを盗み出し、ダークウェブに公開すると脅迫します。

解決策

次世代データ管理は、データセキュリティとガバナンスを強化し、ほぼリアルタイムに検知することで、ランサムウェア3.0の被害範囲を最小限に抑えます。

信頼できる脅威防御

Cohesityの次世代データ管理は、ランサムウェア対策とサイバーレリジエンスを実現するオールインワンソリューションです。Cohesity Threat Defense (脅威防御) でゼロトラストを超え、ビジネスを守ることができます。

データレジリエンス

堅牢な暗号化アルゴリズム、イレイジャーコーディング、イミュータブルなバックアップスナップショット、WORMなどの回復力のあるアーキテクチャにより、バックアップデータが人質に取られることを防ぎます。

アクセス制御

多要素認証、ロールベースのグラニュラーアクセス制御、クォーラムなどの厳しいアクセス制御により、ユーザー認証の脆弱性や漏洩のリスクを軽減します。

検知と分析

データ流出のリスクを最小限に抑えます。機密データを検出し、ほぼリアルタイムで疑わしい異常を検知して攻撃の影響範囲を最小化します。

次世代データ管理でランサムウェアに挑む

  • 脅威防御アーキテクチャ

  • Sky Lakes Medical Centerが身代金の支払いを拒否

  • 拡大するランサムウェアの影響範囲

  • ランサムウェア攻撃からの防御

貴社の脆弱性はどれくらいですか?

質問 1 / 8

結果

貴社のバックアップの脆弱性は?

ランサムウェア攻撃に対する防御

バックアップは巧妙なランサムウェア攻撃に対する最後の砦です。ご利用のバックアップ製品はどれくらい堅牢ですか?

私のバックアップスナップショットはイミュータブル(変更不可)です。ランサムウェアは私のバックアップデータを変更または削除することはできません。

私のバックアップシステムは、保存中のデータの暗号化にも、転送中のデータの暗号化にも対応しています。

パターン

私はバックアップリポジトリのWORM (write once, read many) 機能を有効にすることが可能です。

私のバックアップシステムは、不正なアクセスを阻止するためにきめ細かいRBAC (ロールベースのアクセス制御) 機能を提供しています。

私のバックアップシステムは、ランサムウェア攻撃の可能性を含む異常な動作を検知し、権限のあるユーザーに調査するよう警告を発することができます。

一度の検索で、私は世界中のデータから悪意のあるファイルを探し出すことができます。

クリーンリストアを保証するため、私のバックアップシステムは、バックアップスナップショットのセキュリティ脆弱性とサイバーエクスポージャーを深く可視化することができます。

ダウンタイムを減らすため、私のバックアップシステムは、カスタムスクリプトに頼ることなく、何百もの仮想マシンや大規模なデータベースを瞬時に復旧することができます。

評価結果

リスク 低リスク

リスク 中リスク

リスク 高リスク

良い知らせです。貴社のバックアップに対してランサムウェア攻撃が成功する可能性は低いです。これは、ランサムウェア攻撃からの保護、検知、復旧という重要なバックアップ機能の各リスクカテゴリで、脅威の評価レベルが低いためです。

続いて、詳細な脅威の評価を確認してください。

警告です。貴社のバックアップに対してランサムウェア攻撃が成功する可能性は中程度です。これは、ランサムウェア攻撃からの保護、検知、復旧という重要なバックアップ機能の各リスクカテゴリで、脅威の評価レベルが混在しているためです。

続いて、詳細な脅威の評価を確認してください。

危険です。貴社のバックアップに対してランサムウェア攻撃が成功する可能性は高いです。これは、ランサムウェア攻撃からの保護、検知、復旧という重要なバックアップ機能の各リスクカテゴリで、脅威の評価レベルが高いためです。

続いて、詳細な脅威の評価を確認してください。

低 中 高
評価結果

保護に関するリスク

巧妙なマルウェアはバックアップデータを標的にします。バックアップソリューションの主要な機能 (イミュータブルスナップショット、WORM、多要素認証、RBAC、データ隔離) の欠如は、組織を危険にさらします。

評価結果

検知に関するリスク

現在の状況では、ランサムウェアの攻撃は、「もし」ではなく「いつ」起こるかという問題です。侵入を迅速に検知できなければ、IT本番環境でサーバー犯罪が増殖し、復旧がより困難になります。

評価結果

復旧に関するリスク

ランサムウェア攻撃によるダウンタイムには高額のコストがかかります。クリーンなデータでランサムウェア攻撃から迅速に復旧が行える選択肢がなければ、事業運営、収益、顧客体験、パートナーエンゲージメントなどに影響を及ぼします。リスクは減らすことができます。

Cohesityでランサムウェアに対抗する

Cohesityの最新のバックアップとデータ管理プラットフォームによって、企業はランサムウェア攻撃による身代金の支払いを拒否できます。

フォームに必要事項をご記入いただければ、ミーティング日時調整のため折り返しご連絡させていただきます。

もう少し検討する時間が必要ですか? Sky Lakes Medical Centerの導入事例をお読みください。

Cohesityのランサムウェア攻撃のリスク評価ツールをご利用いただきありがとうございました。

ダウンタイムの削減と事業継続を実現するため、Cohesityがどのようにランサムウェア攻撃からデータを保護、検知し、そして最も重要なこととして、迅速なデータの復旧を行うのか、その詳細をご覧ください。

リソースへのアクセス:
Webにアクセスする
レポートを読む
ウェビナーを視聴する

  • 「私たちの組織は、致命的なランサムウェア攻撃を受け、事実上インフラ全体が機能不全に陥りました。Cohesityのおかげで、マシンとファイル共有を復旧し、クリーンなデータであることを確認してから、アプリケーションをオンラインに戻すことができました」

    Sam Stewart

    ネットワークシステムアナリスト、Sky Lakes Medical Center

    Sam Stewartの顔写真
  • 「Cohesityを利用すれば、そのデータ管理プラットフォーム上のデータは、ランサムウェア攻撃から最適に保護されるので安心です」

    Stephen Pyrott、

    最高収益責任者、Stage2Data

    Stephen Pyrott、Stage2Data