Disaster Recovery as a Service (DRaaS) 用SiteContinuity

ディザスタリカバリのフェイルオーバーとフェイルバックの自動化をオーケストレーションし、すべてクラウドで提供します。

ディザスタリカバリ向けSiteContinuityの図

リカバリを自動化。ダウンタイムは最小化。

運用のシンプル化
DRaaSと自動リカバリによって、セカンダリリカバリインフラを排除し、DR業務をオペレーションをシンプルにします。

TCOの削減
従量課金制のAWSクラウドインフラでCapExを排除し、全体的なコストを削減します。

SLAの遵守
任意の時点にリカバリできるため、ダウンタイムやデータ損失の心配がなくなり、夜もぐっすり眠れるようになります。

自動リカバリの図

VMware DRは高価である必要はありません

シームレスなDRaaSソリューションによって、インフラコストを削減し、セカンダリDRサイトや追加のvSphereライセンスが不要になります。

詳細はこちら
vmware-logo-benefit

信頼性の高いリカバリは複雑であってはいけません

ひとつのプラットフォーム
スナップショットベースのバックアップ、準同期レプリケーション、DRオーケストレーションをすべてひとつのUIで管理できる、包括的なデータレジリエンスを実現します。

費用対効果
各アプリケーションに適切な耐障害性を実現することでコストを最適化します。

クラウドへのフェイルオーバーをシンプル化
VMwareとAWSによる異機種環境間のクラウドへのフェイルオーバーとフェイルバックを自動化します。

DRaaSリカバリの図
  • François Lepage, The Master Group `

    François Lepage、サイバーセキュリティおよびインフラストラクチャ担当マネージャー

    「Cohesity DRaaSソリューションは、私たちにとって非常に魅力的な複数のメリットを提供します。アプリケーションのアップタイムとクラウドでのリカバリ能力はその中でも最大のメリットです。また、コストを削減できる従量課金制のクラウドインフラモデルも気に入っています。そのシンプルさがとてもいいです。このサービスは、オンプレミスにデプロイしたCohesityと一緒に、ひとつのプラットフォーム、ひとつのUIで管理することができます。ここがCohesityの他社との違いです。」

サイロの増加を阻止

シンプルさを謳う製品は他にもありますが、下記を提供できるのはCohesityだけです。

ひとつの製品
ひとつの製品でDRとDRaaSオーケストレーションを実現
data-resiliency-icon
ひとつのソリューションでデータレジリエンスを実現
One UI icon
すべてのデータにひとつのユーザーインターフェース

始める準備はできましたか?

無駄なインフラコストを排除します。Disaster Recovery as a Service (DRaaS) を簡単に実現します。
今すぐ始められます!

無料トライアル

他にも質問がありますか? よくある質問をご覧ください。
ご利用いただける国はこちらから。

関連製品

Sitecontinuity Icon
SiteContinuity

ディザスタリカバリの自動フェイルオーバーとフェイルバックオーケストレーションにより、事業継続戦略を強化します。

詳細はこちら
dataprotect-green-icon
DataProtect

マルチクラウドデータプラットフォームで、従来のデータソースと最新のデータソースを最も包括的に保護。さまざまな環境の大規模なリカバリを瞬時に実現します。

詳細はこちら
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください