logo Cohesity Logo
Pattern

マルチクラウド時代の次世代データ管理で解決すべき4つの課題とアプローチ

2021年10月7日(木)Clock15:00

今までのやり方では通用しない。データのサイロ化解消がもたらすその真価

企業を取り巻くデータ環境は大きく変化しています。急激なデジタル化により年率26%で成長する爆発的なデータ増加。毎日、ほぼ毎秒、企業を攻撃し続けるランサムウェア。データをビジネスに活用し競争力を高めることへの期待、などデータ管理で解決すべきたくさんの問題があります。

これまでのように、連携のとれていない複数のツールを使用してデータの保護/管理を続けることはできません。なぜなら複数ツールでの運用は、データの断片化を助長し、時間と予算を浪費するからです。

マルチクラウド/ハイブリッド時代のデータ管理は、データセンター、エッジ、クラウドなど、データがどこにあっても、データ管理がシンプルに行え、サイバー脅威の検出と迅速な回復機能を備えていることが必要です。本ウェビナーでは、下記のような高度な要求にシンプルに応えることができるデータ管理方法をご紹介します。

  • 単一のユーザーインターフェースでグローバルな可視性と一貫性を実現
  • バックアップデータをランサムウェアから確実に守る。そして、瞬時の大規模リカバリも実現
  • データを再利用してインサイトを得る
スピーカー:
Cohesity Gakuji Sasa Image

笹 岳二
シニアSEマネージャー
Cohesity Japan株式会社



ウェビナーに登録する

全項目入力必須です。