logo Cohesity Logo
Pattern

ランサムウエアからいかにしてデータを 守るのか?

Cybersecurity Ventures*によると、2019年のランサムウェアによる被害は115億ドルに達すると予測されています。また、同調査では、新たに組織がランサムウェアの被害に遭うのは14秒ごと、2021年までには11秒ごとになると予測しています。

組織は、強力な防御ツールへの投資に加えて、ランサムウェア攻撃に効果的に対応できる最新のバックアップソリューションを再評価し、投資する必要があります。

ウェビナーに参加して、最新のバックアップソリューションがどのように次のことに役立つかを学びましょう。

  • ランサムウェアからバックアップデータを守る
  • バックアップデータを活用して、潜在的なサイバー攻撃を発見する
  • 迅速かつ予測可能な対応でダウンタイムを短縮

講師:

  • 方 焕杰 (ほう かんけ) システムエンジニア Cohesity Japan 株式会社

講師紹介:

Cohesityでコンテスト・ クラウド連携ソリューションを担当。 以前はシステムインテグレーターで主にネットワーク、コンテナ、 クラウド、HCIの大型案件に従事。 中日英の3ヶ国語を話すトリリンガル

Register for the On-Demand Webinar

全項目入力必須です。