logo Cohesity Logo
Pattern

次世代スケールアウト型NASは何が違う? 非構造化データ増加が引き起こすさまざまな課題を解決!

2021年11月11日(木)Clock15:00

データサイロ、ランサムウェア対策、データ保護/活用をひとつのプラットフォームで完結する方法

Gartner社によると、今後5年間でデータは800%増加し、そのうち80%がファイル共有、バックアップ、アーカイブ、ログ、メディアファイル、開発/テスト、分析などの非構造化データになると言われています。従来のNASストレージは、10年前のユースケースを想定して設計されたもので、クラウドやハイブリッドIT環境を本格的に考慮したアーキテクチャではありません。その結果、複数のデータサイロが発生し、データセンターやクラウドで大量のデータが断片化されています。

解決すべき課題は、複数のサイロを管理するための費用や手法、ハイブリッドクラウドのシームレスな提供だけではありません。コンプライアンス/規制/ガバナンス要件にも対応する必要があります。本ウェビナーでは、下記メリットでこれらの課題をシンプルに解決する次世代スケールアウト型NAS: Cohesity SmartFilesをご紹介します。

  • ソフトウェアデファインド ファイル&オブジェクト ソリューション
  • データプラットフォームへのアプリの統合
  • ランサムウェアの脅威への対応
  • ストレージコストの削減
  • “Googleライクな” 検索機能
スピーカー:
Gakuji Sasa

笹 岳二
シニアSEマネージャー
Cohesity Japan株式会社



ウェビナーに登録する

全項目入力必須です。