logo Cohesity Logo
Pattern

自然災害やランサムウェア.. ダウンタイムの許容時間はありません

災害復旧 (DR) をシンプルにし、その日のうちに解決する方法

開催日時: 2022年2月10 日 Clock (木) 15:00

ディザスタリカバリ: 予期せぬダウンタイムを回避する方法

地震、洪水、ランサムウェア、データセンターの停止など、災害が発生したとき、その準備はできていますか?

ハイブリッド環境やマルチクラウド環境が拡大するにつれ、ビジネスの重要度が異なるさまざまな相互依存性のあるアプリケーションを保護し復旧することはますます困難になっています。

ITプロフェッショナルは、実際に機能する災害復旧プランとテストを必要としています。そして、企業の事業継続性はそれにかかっています。

本ウェビナーでは、予測可能でシンプルかつ容易な災害復旧を可能にするための以下の方法を知ることができます:

  • フェイルオーバーとフェイルバックの自動オーケストレーションで、DR運用をシンプルにする
  • さまざまなアプリケーションやビジネスのリカバリSLAを満たす 
  • 専用のDRインフラストラクチャを必要としないことで、コストを削減する
スピーカー:
photo_Cohesity_Gakuji-Sasa

笹 岳二
シニアSEマネージャー
Cohesity Japan株式会社



ウェビナーに登録する

全項目入力必須です。