Microsoft Exchange
データベースを
バックアップ・リカバリ

Microsoft Exchangeオブジェクトのグラニュラーリカバリーを簡素化します。

Microsoft Exchangeのバックアップが簡単に

Exchange Serverのバックアップとリカバリーは時間がかかりがちでしたが、Cohesity DataProtectとOntrack Power Controls for Exhcnageを使用すれば、完全な復元が不要になるため、リカバリー時間短縮目標を達成することができます。

メールボックスのアイテムを簡単に復元

メールボックス、メッセージ、添付書類などのアイテムをきめ細かく検索・復元して、完全に復元する手間を省きます。

リカバリー時間を節減

大量なデータセットの個々のオブジェクトをすばやく復元。DataProtectとOntrack PowerControlsでグラニュラーリカバリーを実現します。

作業効率を向上

バックアップ、リカバリー、レプリケーション、クラウド階層化、アーカイブ、ターゲットストレージ機能を一手に担うソリューションで、データ保護の支障となる機器を置き換えます。

保護、コンプライアンス、インサイト

Cohesityを使用すれば、個人情報の適切な扱いを確実にするなど、Microsoft Exchangeのバックアップファイルの秩序を保てます。

分析に基づき決断

ストレージの使用傾向を把握して、未使用のリソースを開放。ボタンをワンクリックして、要約または詳細なレポートの作成も可能です。

広い範囲をサポート

Cohesityは、Exchange Server 2010 SP3と2013、およびVMwareゲスト用にExchange Server 2016と併用可能です。

コンプライアンスと保護

Microsoft Exchangeのすべてのデータを保護し、厳格なデータ保護ポリシーでコンプライアンスを効率化します。

クラウド統合

クラウドベースまたはハイブリッドのインフラストラクチャをCohesity製品と併用すれば、クラウドの費用と規模面での利点をフル活用できます。

主要クラウドと統合

Cohesity製品は、AWSMicrosoft AzureGoogle Cloudとよく調和するため、ソフトウェアなどの補助的バックアップ用インフラストラクチャが不要になります。

TCOの削減

無限にスケールアウト可能でありながら、従量制の料金体系。ダウンタイムなしでノードをクラスターへ簡単に追加します。

Office 365と統合

Office 365スイートのバックアップ、リカバリー、データ管理作業をすべて簡単にします。

Our goal was to build a highly efficient and agile IT infrastructure that quickly adapts to evolving business requirements. By leveraging Cohesity’s software-defined hyperconverged platform for data management, we substantially enhanced our operational capabilities at AutoNation, improved reliability, and lowered our TCO.

Adam Rasner, Head of IT and Operations

View Case Study

Microsoft Exchangeワークロードのデータを簡単に管理する方法をお探しですか?

Green Pattern