ランサムウェアの被害範囲を最小限に抑える

Cohesityは、新しいガバナンスと検出、データ隔離、災害復旧SaaSサービスを発表しました。

Cohesity Connectで発表された新しいランサムウェア対策ソリューション

Cohesity DataGovernとProject Fort Knoxという2つの新しいSaaS製品は、ランサムウェアやその他のサイバー脅威を阻止するために、Cohesity Threat Defense (脅威防御) アーキテクチャに追加された重要な機能です。また、Cohesityのディザスタリカバリをサービスとして提供することを、初のユーザーカンファレンスであるCohesity Connectで発表しました。
ニュースを読む:

クリーンデータを素早く復旧

バックアップのイミュータビリティ、インスタントマスリストア、脆弱性スキャンなど幅広い機能を活用することで、再感染のリスクを軽減しながら、攻撃から迅速に回復することができます。

セルフマネージメント型のソフトウェア、サービスとしてのバックアップ、新しいサービスとしてのディザスタリカバリなど、複数のデプロイメントモデルにより、お客様のビジネスに最適な選択肢を提供します。

recover data

データセキュリティのための最新アーキテクチャ

CohesityのThreat Defense (脅威防御) アーキテクチャは、プラットフォーム、製品、エコシステムのさまざまな機能を統合し、データレジリエンシー、厳格なアクセス制御、AI (人口知能) /ML (機械学習) ベースの検知と分析を実現し、災害やサイバー攻撃の際に企業がデータを特定し、保護し、回復することを支援します。

詳細はこちら
Threat Defense Partners
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください