次世代データ管理

サポートヒーローバナー

次世代データ管理とは?

次世代データ管理とは、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境にサイバーレジリエンスを実現するための最新アプローチです。複雑、危険、非インテリジェントで、閉鎖的なレガシーデータ管理アプローチとは異なり、次世代データ管理は簡単、安全、スマートで、拡張可能です。これにより、企業は動的なマルチクラウド環境におけるすべてのデータを最小限のIT労力で制御することができます。次世代データ管理は、企業がサイバー脅威から身を守り、同時にビジネス価値を引き出し競争優位に立つことにも役立ちます。

なぜ次世代データ管理が重要なのか?

データはあらゆるビジネスにとって類を見ない貴重なリソースですが、今日、データは脆弱でもあります。次世代データ管理ソリューションは、企業がすべてのデータを競争優位性のために使用できるようにすると同時に、悪意のあるものを寄せ付けません。

以下のように次世代データ管理は、ハイブリッドとマルチクラウド環境に理想的です。

  • IT運用負荷、コスト、複雑性を大幅に軽減
  • 組織が自社の評判を維持し、ビジネスを継続できるよう支援
  • 災害または侵害の場合に、意思決定を向上させ、対応を迅速化
  • チームは統合アプリケーション、サードパーティ製アプリケーション、社内開発アプリケーションから得られるインサイトで、現在と将来のビジネス要件を満たすことが可能

「DIY」データ管理と次世代データ管理にの違いは何か?

クラウドやオンプレミスなど、ますます多様化する環境において、複数のベンダーのサイロ化したデータ管理製品を自分で管理 (DIY) する方法は、すでに手一杯のITチームにとって時間がかかりすぎ、総所有コストを増大させることになります。このレガシーなアプローチはSLAを満たすことが難しくなるだけでなく、重複データとリソースによって非効率性が生じます。

それに引き換え、次世代データ管理は効率的で、IT管理のオーバーヘッドを最小限に抑えることができます。次世代データ管理は、正しく行われれば、データがどこにあっても、誰がアクセスしたくてもアクセスできる、利用者が気にすることなくどこでも利用可能なサービスであるべきです。最善の次世代データ管理プラットフォームは、データの利用、保護、可視化、コンプライアンス、移動を可能にし、サードパーティのアプリケーションとの連携も可能です。

次世代データ管理はどのようにシンプルに拡張できるのか?

次世代データ管理では、これまでサイロ化されていた機能 (例:バックアップ&リカバリ、ファイルとオブジェクトサービス、災害復旧、データセキュリティ&ガバナンス、開発/テスト、分析とインサイトなど) を1つの拡張可能なソフトウェア環境に統合し、これらのすべてのユースケースを一括して大規模に実行することで、複雑さとコストを削減します。

次世代データ管理により、データ管理ライフサイクル全体を単一の直感的なユーザーインタフェースから管理することができます。オンプレミス、クラウド、エッジに分散したすべてのデータのグローバルな可視性と制御を実現し、管理作業を最小限に抑えます。次世代データ管理はIT環境全体で実行できるので、デプロイメントモデルを選択し柔軟に変更することができます。社内で管理することも、プロバイダーが管理することも、SaaSサービスとしてサブスクライブすることもできます。どんなデプロイメントモデルであろうと、ユーザーは同じ生産性を得られます。

次世代データ管理の使用を拡大したり、アップグレードしたりしても、ダウンタイムや中断は発生しません。これは数分で変更できるソフトウェアであり、何時間も何日もかかるハードウェアではありません。開発者にとっては、次世代データ管理は、IT部門がアプリをテストするためにデータセットを手動でプロビジョニングする際の長い待ち時間を削減します。開発者は、必要なときセルフサービス方式で、本番データのゼロコストクローンに安全に瞬時にアクセスすることができます。

次世代データ管理はどのようにゼロトラストセキュリティの原則を構築するのか?

次世代データ管理はグローバルの可視性とコントロールをサポートします。ハイブリッドクラウド時代のため、データがどこにあっても管理できるよう、そして増加するランサムウェア攻撃に対抗できるよう構築されてます。

また、データの管理とプラットフォームの管理の両方に対し、最小限の権限と職務の分離という概念を含むゼロトラストの原則に基づいて構築されています。その他のきめ細かい機能は、多要素認証 (MFA)、ロールベースアクセス制御 (RBAC)、Write Once Read Many (WORM)などの保護を追加します。Cohesityの次世代データ管理は、脆弱性スキャンや異常検知により攻撃を先取することから、インスタントマスリストア、自動DR/フェイルオーバー、アクセス不可能なイミュータブルスナップショットによる迅速な対応まで、ランサムウェアに対する防御を支援します。たとえば、Cohesityの次世代データ管理は支払額$0となりました。次世代データ管理はオープンであるため、その他の主要セキュリティソリューションと統合し易く、次世代データ管理プラットフォームの管理活動とセキュリティ体制を向上します。

次世代データ管理を支えるAIとは?

次世代データ管理を信頼するチームは、ハードではなくスマートに働きます。次世代データ管理にAIとMLが含まれるのは、問題をプロアクティブに発見し、IT管理の負荷を軽減するためです。ほぼリアルタイムで異常を監視、検出するアルゴリズムを使用して脅威の可視化を自動化し、潜在的な危険がある場合はそれを把握できます。また次世代プラットフォームでは、ランサムウェア攻撃からのクリーンで迅速な復旧のために、どのバックアップを選択すべきかに関する推奨事項も提供されます。たとえば、CohesityのSmartAssistantテクノロジーは、常に学習して環境に適応し、予測分析ベースのアラートを共有して、より早くトレンドを把握することを可能にします。次世代データ管理を使用すると、チームはパワフルなAI搭載アプリケーションを利用して情報セキュリティを強化し、インサイトを得るまでの時間を短縮できます。

サードパーティの拡張性はどのように次世代データ管理で機能するのか?

次世代データ管理プラットフォームは、洞察を得るためにデータを別のシステムに移動することなく、同じプラットフォーム環境内のマネージドデータに対してアプリとサービスを直接実行できるので、従来のETLプロセスを大幅に合理化し、結果を高速に出すことができます。チームは、分析、レポート、コンプライアンス、セキュリティ、ベアメタルリカバリ、またはデータマスキングなどのために、独自のアプリを開発したり、サードパーティアプリを実行する時間をAPIを使用して短縮することができます。企業はまた、すでに環境で馴染みのある主要アプリケーションと連携することでより効率的な作業が可能になり、競争力を上げられます。このプラットフォームは最初からAPIファーストの環境として設計されているので、開発者にとってもメリットがあります。コーダーは豊富なRESTful APIを使用して、次世代機能をそのアプリケーションに簡単に統合し、新しい機能を作成することができます。

Cohesityと次世代データ管理

現在、Cohesityの次世代データ管理では、データのサイロを解消すると同時に、データ管理を安全かつシンプルにして、データの無限の価値を引き出します。

Cohesityはハイパースケーラーが開拓した革新的なアーキテクチャアプローチを、企業データ管理の特定のニーズに適応し、以下を含む次世代データ管理プラットフォームを作成しました。

  • Webスケールの分散ファイルシステムを基盤としたソフトウェア定義のマルチクラウドプラットフォームにより、データセンター、エッジロケーション、クラウド間でのデータ統合を実現
  • 単一の論理コントロールプレーンにより、チームは分散デプロイのあらゆる側面を単一の使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイス (UI) から管理
  • プラットフォーム上でアプリを実行し、サービスを公開することで、新しい機能を提供し、同じ環境内からマネージドデータの価値を拡張する機能

現在、Cohesityの次世代データ管理は、ハイブリッドとマルチクラウド環境におけるサイバーレジリエンスを実現する最もモダンなアプローチです。それは以下のコアなアイデアを実現するものです:

Cohesityは、使いやすく、更新も簡単です。そのため時間を節約でき、USDA OCIO DISCのスタッフはお客様により迅速に対応できるようになりました。

George Strother、ストレージ管理支店チーフ、最高情報責任者オフィス、デジタルインフラサービスセンター, 米国農務省

usda-logo-color

その他お奨めのニュース

glossary

Next-Gen Data Management

詳細はこちら
X
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください