Cohesity (日本法人: Cohesity Japan株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長: 岩上純一、以下「Cohesity」) は、この度、2021年版ガートナー・マジック・クアドラントのエンタープライズ・バックアップ/リカバリ・ソフトウェア・ソリューション部門で「リーダー」に選出されたことを発表しました。Cohesityは、本レポートではこれが3回目の評価で、2年連続で「リーダー」に位置づけされました。

ガートナーのレポートによると、「リーダー」を次のように定義しています: リーダーは、「実行力」と「ビジョンの完成度」の総合評価が最も高い。最も包括的で拡張性のある製品ポートフォリオを持ち、市場での存在感と財務実績を確立していること。ビジョンについては、その業界におけるソートリーダー、知的財産(IP)の創造者として認識されており、リカバリ機能の強化、導入/管理の容易さの向上、スケーラビリティと製品選択肢の拡大について明確な計画を持っていること。*

ガートナー・マジック・クアドラントにおいて、ガートナー社はエンタープライズ・バックアップ/リカバリソリューションを「企業ワークロードのポイントインタイムコピー (バックアップ) を取得し、データをセカンダリストレージデバイスに書き出すことで、データ損失の際にデータを回復することを目的として設計されたソリューション」と定義しています。**

Cohesity最高マーケティング責任者のLynn Lucasは次のように述べています。

「本レポートにおいて『リーダー』に選出されたことは、Cohesityが次世代のデータ管理を提供することに成功していることを示しており、これは、企業がデータを保護し、ランサムウェア攻撃から迅速に回復することを支援することから始まります。このことは、今日の世界では非常に重要なことです。さらに、Cohesityは、データセンター、エッジ、クラウド、as a Serviceでの提供などさまざまなユースケースにおけるデータのバックアップ、リカバリ、管理を、1つのプラットフォーム上でデータを簡単に行うことができます。これこそが、究極のシンプルさです。」

顧客の重大な課題を解決するイノベーション

Cohesityは、ランサムウェア攻撃からデータを保護しながら、データ管理を簡単に実行し、拡張も容易なソリューションの開発と提供に注力することで、急速なイノベーションを維持してきました。今年発表された主なイノベーションは下記のとおりです。

  • ランサムウェアからのリカバリと保護: Sky Lakes Medicalなどの組織は、マルチクラウドデータプラットフォームを介して顧客に多大な価値を提供するCohesity DataProtectから恩恵を受けています。 Sky Lakesは、2020年後半に大規模なランサムウェア攻撃の被害を受けた際、Cohesityのイミュータブル (不変の) バックアップスナップショット、WORM、および標準搭載されたその他の保護機能の有効性を評価しています。Sky Lakes は、Cohesityのソリューションを活用することで、身代金を支払うことなく、ランサムウェア攻撃から迅速にリカバリすることができました。
  • Backup as a Service (BaaS): Cohesity DataProtectは、オンプレミスおよびクラウドベースのデータを確実にバックアップ、保護するために、もう1つの簡単な方法を顧客に提供するSaaSサービスです。 Cohesityは、わずか6か月で、このサービスで保護が可能なワークロードを拡張し、Microsoft Exchange Online、OneDrive、SharePoint Online、Teams、VMware、SQL Server、Amazon EC2仮想インスタンスとコンピューティングインフラストラクチャ、Amazon RDSクラウドデータベースに追加対応しました。as a Serviceとして提供されるCohesity DataProtectは、現在、米国、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、およびニュージーランドでご利用いただけます。
  • 自動ディザスタリカバリ: Cohesity SiteContinuityは、Cohesityのスナップショットベースのバックアップ、継続的データ保護、自動フェイルオーバー/フェイルバックオーケストレーション機能が統合されており、ひとつのプラットフォーム上で、すべての階層、サービスレベル、ロケーションにまたがってアプリケーションを保護できる唯一のWebスケールソリューションです。これにより、ランサムウェア攻撃、自然災害、人為的ミスによるデータ損失に対する企業の課題に対処すると共に、厳密なSLAを満たします。

お客様の声から見るCohesityソリューションの価値

Sky Lakes Medical Centerの情報システムディレクターであるJohn Gaede氏は、次のように述べています。 「私たちは、Cohesityが身代金の支払いからSky Lakesを文字通り救ってくれるとは知らなかったのです。バックアップとリカバリの技術は完璧に機能し、最終的にすべてのサーバーを復旧させました。その過程でCohesityは何度も何度も役に立ちました。」

Sky Lakes Medical CenterのネットワークシステムアナリストであるSam Stewart氏は、次のように述べています。 「臨床システムを復旧させることができましたが、その最初の1つが癌治療センターでした。癌は誰も待ってくれませんし、患者がタイムリーに治療を受けられなければ、癌が戦いに勝利してしまいます。ですから、文字通り、Cohesityが命を救ったと言えるのではないでしょうか。」

Stockport NHS Foundation TrustのIT部門責任者であるPeter Hughes氏は次のように述べています。「私たちがMicrosoft 365のデータ保護にCohesityを選んだ理由は、すでにオンプレミスITでCohesity DataProtectを使用しており、追加のインフラ投資をすることなく、Cohesity Heliosプラットフォームが提供するひとつの管理画面で、分析、レポート、監視機能を利用することができたからです。Cohesityは、私たちの病院と医療サービスのために、シンプルでありながらより機能的なバックアップとリカバリ運用を可能にしてくれました。そして、データがどこにあっても、Cohesityは私たちが必要とするデータ保護とリカバリを提供してくれます。」

Proliance SurgeonsのCIOであるCurt Kwak氏は次のように述べています。「医療機関で管理している日々の運用データは非常に重要なので、Microsoft Exchange OnlineやOneDriveなどのSaaSプロバイダーが提供するバックアップ機能だけに頼ることはできません。私たちは、この機能を拡張させることができるCohesityに満足しています。クラウドサービスとCohesityのおかげで、メールボックスだけでなく個々のファイルを、必要なときにいつでも、無制限に、迅速に、大規模かつ簡単にリストアできるという安心感があります。」

また、Cohesityは最近、Gartner Peer Insightsの「Voice of the Customer」: Data Center Backup and Recovery Solutions レポート(2021年1月)で「Customers’ Choice」に認定されました。Cohesityは、グローバル企業 (売上高100億ドル以上)、大企業 (売上高10億ドル~100億ドル)、中規模企業 (売上高5,000万ドル~10億ドル)、北米、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)、アジア太平洋地域、金融、ヘルスケア、サービス、公共部門/政府/教育など、11のカテゴリカットのうち、10のカテゴリーで、「Customers’ Choice Distinction Vendor」として認定された唯一のベンダーです。本レポートは、ソリューションを導入したお客様からの検証済レビューに基づいています。本レポートに掲載されているCohesityのカスタマーレビューは以下の通りです:

その他のカスタマーレビューについては、CohesityのGartner Peer Insightsページをご覧ください。ガートナー社のレポートの全文を無償でご覧になりたい方は、こちらよりダウンロードが可能です。

帰属と脚注:

* Gartner Magic Quadrant Methodologies、Gartner、Inc。

** Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Software Solutionsから引用された定義

Gartner、Magic Quadrant for Enterprise Backup and Recovery Software Solutions、Santhosh Rao、Nik Simpson、Michael Hoeck、Jerry Rozeman、2021年7月19日

Gartner Peer Insightsの「Voice of the Customer」:Data Center Backup and Recovery Solutions for Global Enterprises、2021年1月13日

ガートナー免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner、Inc。および/またはその関連会社の米国および国際的な登録商標であり、本書では許可を得て使用しています。無断複製・転載禁止。

Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、文書化された方法論に対して適用された個々のエンドユーザーのレビュー、評価、およびデータの主観的な意見で構成されています。これらは、ガートナーまたはその関連会社の見解を表すものでも、それらによる承認を構成するものでもありません。

Cohesity Japanについて

Cohesityは、データ管理を根本的にシンプルにします。データセンター、エッジ、クラウドにかかわらず、データの保護と管理、データからの価値創出を容易にします。 Cohesityは、バックアップとリカバリ、ディザスタリカバリ、ファイルとオブジェクトサービス、テスト/開発、データコンプライアンス、セキュリティ、アナリティクスなどのサービスを1つのマルチクラウドデータプラットフォームに統合することで、複雑さを軽減し、大量のデータの断片化を排除します。 Cohesityは、as a serviceで、セルフマネージドで、またはCohesityを搭載したパートナーを通じて提供しています。

 

©2021 Cohesity, Inc. 無断複写/転載を禁じます。 Cohesity、Cohesityロゴ、Helios、およびその他のCohesityマークは、米国および/または国際的なCohesity,Inc.の商標または登録商標です。 その他の会社名および製品名は、関連する各社の商標である場合があります。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
Japan

J-Spin Inc.
David Huerta
cohesity@jspin.co.jp
+81-03-5269-1038

その他お奨めのニュース

Press Release

Cohesity Is Once Again Named a Leader in the 2021 Gartner® Magic Quadrant™ for Enterprise Backup and...

詳細はこちら
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください