ファイルサービス

サポートヒーローバナー

ファイルサービスとは?

ファイルサービスとは、ファイルを保管、管理、追跡し、ネットワーク全体のユーザーと共有できるソリューションのことです。プロジェクト計画書など、多くのユーザーがアクセスすることを意図した重要なファイルが必要な場合、複数のコンピューター間でファイルをやり取りする代わりに、ファイルサーバー上のファイルにリモートアクセスすることができます。

複数のユーザーが、あらゆるサイズの複数のファイルを同時に共有可能です。ファイルサービスソリューションは、ドキュメントのバージョンを追跡し、ファイルがセキュアに配信されるようにして、ファイルの変更や不正コピーを防止します。

優れたファイルサービスソリューションは、基本的なファイル共有機能以上のものを提供します。データサイロを統合し、デジタルライブラリ、アーカイブ、リッチメディア、ビデオ監視、ビッグデータ、バックアップデータセットなどの非構造化コンテンツやアプリケーションデータをセキュアに管理することができます。

なぜファイルサービスが重要なのか?

これまで、企業はファイルサーバーとNAS (Network Attached Storage) インフラストラクチャのサイロを組織全体に分散させていました。これらの異なるシステムは、従業員がファイルを保存したりアクセスしたりする必要のある各事業所またはロケーションに配置されます。しかし、ユーザーがこれらのサイロ間でファイルを共有することは困難で、非効率性、コストの高騰、ビジネス生産性の損失、セキュリティリスクの増加に繋がっていました。すべての企業ファイルをファイルサービスソリューションが管理するクラウドベースのグローバルファイルシステムに保存することで、企業はすべてのファイルに広く安全にアクセスできるようになります。

ファイルサービスの役割とは?

これまで、企業はメールの添付ファイルやUSBデバイスを使用してファイルを転送していました。しかし、新たなデジタルワークプレイスが持つ分散性に加え、ファイルのサイズと種類の増加が相まって、こうしたファイル共有方法は現実的ではなくなりました。適切なファイル管理とセキュリティソフトウェアを備えたファイルサービスソリューションは、こうした時代遅れのファイル共有方法に代わって、グローバルなファイルシステムサービスを提供します。

ファイルサービスの重要性とは?

ファイルサービスには次のような利点があります:

  • クラウドベースのプラットフォームを介して、グローバルのファイルにいつでもどこでもアクセス可能
  • ファイルの不正なアクセス、変更、コピーに対する信頼性の高いデータ保護でセキュリティが向上
  • 複数のユーザーが同じファイルで同時に共同作業できるので生産性が向上
  • ファイルを厳密にバージョン管理できるので、最新バージョンへのユーザーのアクセスを保証

ファイル共有サービスとは?

セキュアなファイルサービスとは、複数のユーザーが同じファイルを同時に共有できることを意味します。ファイルはどんなサイズでも共有可能で、承認済みのユーザーは世界中のどこからでも、いつでもアクセスできます。

クラウドストレージソリューションとして知られる今日のファイルサービスプラットフォームには、基本的なファイル共有だけでなく、非常に多くの機能が搭載されています。ここでは、主要なオンラインファイル共有ソリューションを活用して達成できるさらに多くのことを紹介します:

  • 単一のソリューション: オンプレミスからエッジ、クラウドまで、単一のプラットフォームでシームレスなファイルとオブジェクトの管理を実現
  • 必要に応じて拡張可能: 無制限かつコスト効率の高い方法で拡張可能なソフトウェア定義ソリューションを利用
  • 総所有コスト (TCO) を大幅に削減: 可変長重複排除、圧縮、スモールファイルの最適化で、業界トップの容量効率を実現

ファイルサーバーの種類とは?

ファイルサーバーとは、シンプルに言えば、ファイルへのアクセスを提供するサーバーのことです。これまで、ファイルサーバーは、複数のアプリケーションからアクセスできるよう中央のストレージに配置されていました。ファイルサーバーがなければ、ユーザーはメールやUSBデバイス経由でファイル交換を行わなければなりません。

ファイルサーバーには、専用サーバーと非専用サーバーの2種類があります。専用サーバーは、ファイルサーバーとしてのみ使用されるサーバーです。非専用サーバーは、ファイルサーバーだけでなく、データベースサーバーなど複数の用途があります。

ファイルサーバーの例とは?

どのようなコンピューターでも、ファイルサーバーとして使用するように構成することができます。例えば、単なるファイルサーバーが、ファイルに関する要求を処理し、それらのファイルをネットワーク経由で配布するよう構成されたデータベースサーバーである可能性があります。

その他にも、大企業ではさらに洗練された例もあります。ファイルサーバーが他のコンピューターのリモートドライブとしても機能する専用のネットワークファイルストレージシステムである場合、ネットワークユーザーはまるでファイルが自分のドライブにあるかのようにファイルの保存やアクセスを行うことができます。

Cohesityとファイルサービス

Cohesityはファイルサービスに対して異なるアプローチを取っており、ストレージやインフラストラクチャ中心ではなくシンプルさとデータ中心であることに重点を置いています。

Cohesity SmartFilesは、複数のデータ管理ワークロードに対して非常にスケーラブルな単一プラットフォームを提供することで、IT運用のモダナイズとシンプル化を実現します。これは、ハイブリッドクラウド向けに設計されたソフトウェア定義のファイルとオブジェクトの統合ソリューションであり、企業が大規模なデータをセキュアかつ効率的に管理できるようにします。SmartFilesは、Cohesity Marketplaceのアプリを使用して、オンプレミスでインプレースデータ分析を行い、企業のデータから継続的な価値を提供します。可用性を最大化するため、Cohesity独自の分散ファイルシステムにより、中断を伴うアップグレードを排除すると同時に、回復力と一貫性を実現します。

SmartFilesは、管理性、拡張性、セキュリティ、効率性、多層データ管理の点で、従来の製品を凌駕しています。成長に合わせて支払うモデルなので、中断を伴うアップグレードは必要ありません。

幅広い互換性: ネイティブにマルチプロトコル設計を採用しているSmartFilesは、NFS、SMB、Amazon S3をサポートし、オンプレミスであるかクラウドであるかに関係なく、ユーザーとアプリケーション間の幅広い互換性を保証します。

中断を伴うアップグレードが不要: SmartFiles独自の分散ファイルシステムは、定期的なアップグレードの必要性を排除すると同時に、回復力と一貫性を確保できるようにします。

ビジネスの成長をサポートする拡張性: SmartFilesのリニアなパフォーマンスと拡張性により、段階的にノードを追加することで自社のペースでシステムを拡張できます。

IDCレポート: Cohesity SmartFilesのテクノロジーアセスメント

急激に増加する非構造化データを効率的に管理する

X
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください

Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください