カリフォルニア州サンノゼ – 2021928次世代データ管理のリーダーであるCohesityは、本日、Kevin Delaneを最高収益責任者に任命したことを発表しました。Delaneは、急成長のテクノロジー企業で30年以上の経験を有し、事業開発、GTM戦略、セールスオペレーション、グローバルセールス、戦略的アライアンス、パートナー管理などの分野で優れた実績があります。 Delaneは、これらの分野での豊富な経験を通して、Cohesityでワールドワードのセールスおよびパートナービジネスを統括します。

Dalaneは、Cohesityに入社する前は、Pure Storageのワールドワイドセールス担当バイスプレジデントとして、セールス、フィールドセールス、セールスオペレーション、システムエンジニアリングなど、同社のグローバルなGTM戦略を担当し、同社の IPOに向けて重要な役割を担いました。DelaneEMC18年以上在籍し、Isilon事業部のビジネスオペレーション担当シニアバイスプレジデントを含むさまざまなセールスリーダーシップの役職を歴任しました。

今回CROに就任したKevin Delaneは次のように述べています。「Cohesityへの入社は、私が逃すことができいチャンスでした。Cohesityには、すばらしいリーダー、文化、パートナーファーストの考え方、優れたグローバルチーム、そしてお客様がランサムウェアとの戦いに勝つためのイノベーションへの注力があります。Cohesityが最近、記録的な2021会計年度の業績を発表したのも不思議ではありません。世界中のお客様やパートナー様と協業し、ビジネスの発展やデータの活用に貢献できることを楽しみにしています。

Cohesityの創設者兼CEOであるMohit Aronは、次のように述べています。 「Kevin Delaneは、これまでグローバルのGTM戦略を推進し、一貫して卓越した成果を上げてきた実績があります。テクノロジー業界に関する幅広い知識、強力なパートナーやグルーバルな専門知識、そして文化を最優先するマネージメントアプローチにより、Kevin Delaneは私たちのグローバルな勢いを加速させる上で重要な役割を果たしていきます。このエキサイティングな時期に、DelaneCohesityエグゼクティブリーダーシップチームに迎えることができて大変嬉しく思います。」

Cohesity Japanについて

Cohesityは、データ管理を根本的にシンプルにします。データセンター、エッジ、クラウドにかかわらず、データの保護と管理、データからの価値創出を容易にします。 Cohesityは、バックアップとリカバリ、ディザスタリカバリ、ファイルとオブジェクトサービス、テスト/開発、データコンプライアンス、セキュリティ、アナリティクスなどのサービスを1つのマルチクラウドデータプラットフォームに統合することで、複雑さを軽減し、大量のデータの断片化を排除します。 Cohesityは、as a serviceで、セルフマネージドで、またはCohesityを搭載したパートナーを通じて提供しています。

 

©2021 Cohesity, Inc. 無断複写/転載を禁じます。 Cohesity、Cohesityロゴ、Helios、およびその他のCohesityマークは、米国および/または国際的なCohesity,Inc.の商標または登録商標です。 その他の会社名および製品名は、関連する各社の商標である場合があります。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
Japan

J-Spin Inc.
David Huerta
cohesity@jspin.co.jp
+81-03-5269-1038

その他お奨めのニュース

Press Release

Cohesity Appoints Kevin Delane as Chief Revenue Officer

詳細はこちら
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください