次世代データ管理ソリューションのリーダーであるCohesity (日本法人: Cohesity Japan株式会社、東京都千代田区、以下「Cohesity) は、本日、エンタープライズスケールアウトファイルシステムのGigaOmレーダーレポートに参加する15社のベンダーから、「リーダー」かつ「アウトパフォーマー」に選出されたことを発表しました。本レポートは、ベンダーとその各社のスケールアウトファイルシステムを14の基準と指標に基づき評価したものです。CohesitySmartFilesとそのデータ管理機能は、お客様にもたらすメリットについて、特にレポートの中で言及されています。SmartFilesは、インテリジェントで、スケーラブル、かつ効率性の高いファイルサービスとオブジェクトサービスを提供するCohesityの次世代データ管理ポートフォリオに含まれるソリューションです。

GigaOmレーダーでは、その実行力と価値により 「Leaders」サークルの内側に位置するベンダーを「リーダー」と定義しています。すべてのリーダーがトップパフォーマーである一方で、かならずしもすべてのトップパフォーマーがリーダーと評価されるわけではありません。アウトパフォーマーは、各ソリューションの現在と1218 ケ月にわたる予測のポジションを描画し、将来を視野に入れた評価に基づいて選出されます。矢印は、戦略に基づく動きと、イノベーションの速度に基づいた動きを表しています。 

2021 GigaOm Radar: Scale-out File Storage for Enterprise

GigaOmレポートでは、SmartFilesについて、「非常に使いやすく」、「機能が豊富で容量に最適化されたソリューション」であり、「現場で実証済み」の拡張性を提供することが強調されています。

さらには、「柔軟な導入が可能な点もSmartFilesの持つプラスの側面の1つであり、ユーザーはエッジ、単体の仮想ノード、パブリッククラウド、大規模なオンプレミスのスケールアウトシステムとして導入し、Heliosによる一元管理が可能な大規模分散型インフラストラクチャを構築している」と説明しています。SmartFilesは、Cohesityの次世代データ管理プラットフォームである

Helios上で動作し、ファイル&オブジェクトサービス、バックアップ&リカバリ、データセキュリティ&ガバナンス、災害復旧、アナリティクスなどの包括的なサービスを提供し、これらすべてを1つのユーザーインターフェイスで管理することが可能です。

加えて、同レポートは、「データ管理は依然としてCohesityの重要な差別化要因の1つとなっている」とも述べており、「ランサムウェア対策に関連するデータ管理とガバナンスの機能の統合は、本ソリューションを完全なものとし、突出した存在となっている」と強調しています。

Cohesityのシニアディレクター兼SmartFiles担当プロダクトリードのVikram Guptaは次のように述べています。「世界中のお客様が、非構造化データの増加に関連する深刻な課題を解消するためにCohesity SmartFilesを利用しており、特に、コスト削減、複雑なデータ管理、セキュリティ体制の強化に関する課題に対して広く役立てていただいています。GigaOmレポートにおいて、Cohesity独自のイノベーションが評価され、他の13のベンダーを抑え、Cohesityがトップランクの1社に選ばれたことをたいへん光栄に思います。」

Clearsenseの共同創業者で、最高イノベーション責任者で理学修士、認定看護師でもあるCharles Boicey氏は次のように述べています。

CohesityのプラットフォームとSmartFilesは、高速で優れたコスト効率を実現していることから、さまざまなRPAプロセス間でデータファイルをやりとりする際の理想的な着地点として機能しており、Clearsenseではこれらを戦略的な強みと捉えています。私たちは、従来のデータソースと最新のデータソースの両方でCohesityのデータ管理ソリューションを利用することで、AHVのバックアップとHadoopワークロード、さらにはディザスタリカバリ、ファイル共有をはるかに適切に処理できています。データが増加するなか、数百万ドルまではいかないとしても、数千ドルの支出を抑えることができます。」

「エンタープライズスケールアウトファイルシステムのGigaOmレーダー」レポートの評価基準について

GigaOmの分析では、製品の主要な機能や基準が、拡張性、パフォーマンス、TCO(総所有コスト)など、購買の意思決定を左右するソリューションの中心的な特徴に与える影響について評価しています。この分析では、戦略および実行に基づく複数の軸に沿って、ベンダーソリューションの相対的な価値と進捗を描画しており、この分野での各ベンダーの提供ソリューションの詳細も掲載しています。また、詳細なベンダー分析は、「キークライテリア」レポートと「レーダー」レポートで開発されたフレームワークに基づいて行われており、テクノロジー分野における企業のエンゲージメントを評価しています。この分析には、戦略と製品の両方に関する将来を見据えたガイダンスが含まれています。

エンタープライズスケールアウトファイルシステムのGigaOmレーダーレポートは、Cohesityがリーダーとして認められた3番目のGigaOm Radarレポートであり、Cohesity Heliosプラットフォームの価値をさらに強化するものです。

さらに詳しい情報は、下記をご覧ください:

Cohesity Japanについて

Cohesityは、データ管理を根本的にシンプルにします。データセンター、エッジ、クラウドにかかわらず、データの保護と管理、データからの価値創出を容易にします。 Cohesityは、バックアップとリカバリ、ディザスタリカバリ、ファイルとオブジェクトサービス、テスト/開発、データコンプライアンス、セキュリティ、アナリティクスなどのサービスを1つのマルチクラウドデータプラットフォームに統合することで、複雑さを軽減し、大量のデータの断片化を排除します。 Cohesityは、as a serviceで、セルフマネージドで、またはCohesityを搭載したパートナーを通じて提供しています。

 

©2021 Cohesity, Inc. 無断複写/転載を禁じます。 Cohesity、Cohesityロゴ、Helios、およびその他のCohesityマークは、米国および/または国際的なCohesity,Inc.の商標または登録商標です。 その他の会社名および製品名は、関連する各社の商標である場合があります。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
Cohesity広報 (アジア太平洋地域と日本)

担当: Matt Peverell
matt.peverell@cohesity.com
電話: +61-408163370

その他お奨めのニュース

Press Release

Cohesity Named a ‘Leader’ and ‘Outperformer’ in GigaOm Radar for Enterprise Scale-Out File Systems — Data Management...

詳細はこちら
Press Release

Cohesity Fiscal 2021 Results Shatter Previous Performance Records As Customers Embrace Next-Gen Data Management With Built-in Ransomware...

詳細はこちら
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください