M365のバックアップ

サポートヒーローバナー

M365バックアップとは?

M365バックアップ(Microsoft 365バックアップとも)は、Microsoft 365アプリケーション内にあるデータの第二のコピーです。M365データは消失または盗難に対する保護を目的としており(そのためM365バックアップデータと呼ばれる)、Exchange Online、OneDrive、SharePoint Online、Teams、およびGroupsのデータが含まれます。

Microsoft 365バックアップには、データリカバリ機能がなければなりません。なぜなら、多くの場合そのデータはミッションクリティカルで、中断のない継続的なビジネスプロセスの運用が求められるためです。M365のバックアップデータは、オンプレミスまたはクラウドに保存できます。

M365バックアップが重要な理由は?

オンラインでMicrosoftの生産性向上アプリケーションを導入する企業が増えている中で、ITチームはデータ管理・データ保護戦略を見直す必要があります。Microsoft 365にはネイティブとアドオン両方の保護ソリューションが含まれていますが、企業がその全ての目標を達成するために必要とする機能を提供できていません。特にグラニュラーリカバリや、短期および長期のデータ保持コンプライアンス要件、また人的エラーやランサムウェアその他の脅威に対する保護です。

サードパーティ製のM365バックアップとリカバリソリューションは、M365でデータ消失イベントの損害を軽減し迅速にリカバーするのに役立ちます。Microsoft 365のExchange Online、 SharePoint Online、OneDrive、Teams、およびGroupsにあるネイティブリカバリ機能は非常に限定的であるため、そのようなソリューションが必要になります。M365にデフォルトで組み込まれているデータ保持セーフガードは、1か月未満という短いデータ保持機能しかありません。

ITチームは、訴訟や買収合併、人事異動で使用されなくなったデータおよび保留になったメールボックスの管理に必要な経費と時間を最小にするM365のバックアップおよびリカバリソリューションを必要としています。

Office 365はMicrosoft 365と異なるのか?

Microsoftによると、答えは「いいえ」です。現在のMicrosoft 365はOffice 365です。違いは、O365がクラウドベースの生産性向上アプリケーションパッケージであったのに対し、M365はそれら生産性向上アプリケーションのすべてに加えて、Win 10 Enterpriseなどのサービスを含むバンドルサービスであることです。

Office 365にバックアップはあるのか?

旧名Office 365、現Microsoft 365には、ネイティブのバックアップ機能がありますが、多くの企業のニーズを満たせるほどの堅牢性はありません。Microsoft Exchange Onlineのデフォルトでは、メールボックスは、「削除」マークを付けると30日間保持されるだけです。SharePoint OnlineとOneDriveでも、削除したアイテムレベルのリカバリは93日間遡れるだけです。訴訟ホールドの場合は、多くのアイテムを無期限に保持できますが、こうした設定を使用する時は重要な考慮事項がいくつかあります。たとえば、全体を対象とするリカバリサービスレベル契約(SLA)がないので、データセットのサイズに関係なくリカバリが可能な時間枠に関する保証はありません。

Microsoft 365のバックアップは必要か?

はい、M365環境をバックアップする必要があります。いずれにせよ、Word文書やPowerPointプレゼンテーション、Excelスプレッドシート、Outlookメールなど、ユーザーが日常的に使用するビジネスアプリケーションのどのデータにもアクセスできなくなった場合、少なくとも従業員の生産性の大変な量が失われることになります。最悪の場合は、業務が立ち行かなくなる可能性があります。このため、M365環境全体のバックアップが不可欠です。

M365のバックアップが必要な理由:

  • お客様のオンラインデータの保護は、お客様自身の責任です: Microsoft のようなクラウドサービスプロバイダーは稼働時間と可用性を重視しています。これに対し自分のビジネスデータは自分で保護する必要があります。最新の適切なバックアップとリカバリソリューションはあらゆる場所、すなわちクラウドとデータセンターにある両方のデータを保護します。as a Serviceとして利用することも、ソフトウェアとして導入することもでき、すべてを単一のユーザーインターフェース (UI) で管理できます。
  • M365ネイティブのバックアップとリカバリツールの機能は限定的です: コンプライアンスとビジネスニーズを満たすために、データの保存と取り出しのための柔軟性とシンプルなプロセスを備えた最新のバックアッププラットフォームまたはサービスが必要です。
  • データの損失や漏洩が発生した場合、従業員は迅速な復旧と通常業務への迅速な復帰を期待します: ITチームがアイテム単位でデータをユーザーのアカウントから素早くリストアし、目標復旧時間 (RTO)を達成または上回ることができるようにするには、Microsoft 365用に緊密に統合されたエンタープライズクラスのバックアップとリカバリソリューションが必要です。最大の目標は、従業員が迅速に仕事を再開できる優れたユーザーエクスペリエンスを提供することです。
  • 本番データがランサムウェアの標的になります: Ponemon Instituteの最近のレポートによると、1回のランサムウェア攻撃による平均コストは、主に生産性の低下、システムのダウンタイム、情報盗難により500万ドルになるとされています。バックアップデータの不変性を確保し、パブリッククラウドを含むランサムウェア攻撃に大規模に対応でき、グローバルなデータ拠点で迅速なデータ復旧とリストアが可能なバックアップとリカバリーソリューションが求められています。
  • 守るべきはM365のデータだけではありません: それ以外にも、保護対策を必要とするリモートやエッジロケーションのデータがあります。また依然として、VMwareやOracleなど、オンプレミスにも重要なアプリケーションがあります。必要なのは、オンプレミスとSaaSアプリケーションのデータを単一のプラットフォームで保護し、単一のUIですべてを管理できる最新のバックアップソリューションで、データソースが何で、どこに導入されていても、すべてを保護し統合することができる必要があります。

Microsoft 365のバックアップにはどのぐらいの費用がかかるのか?

M365バックアップソリューションはユーザー一人当たりの料金制で、月額制のものと年額制のものがあります。その他、複数年割引制度があるもの、多数のアカウントがある企業向けの企業プランがあるものもあります。通常、ユーザー一人当たりのプランの場合、費用はユーザー一人当たり年間20~30ドルです。これらのプランは、M365のアプリケーションのすべてをカバーしているものもあれば、 M365環境の一部しかカバーしていないものもあります。

Cohesityなどその他のソリューションは従量制、すなわちストレージ時の使用量によって料金が決まり、ユーザーやアプリケーションの数は関係ありません。大手ベンダーは、データの重複排除と圧縮を行うことでストレージ量つまりはコストを低く抑えるため、大企業の場合は、こちらの方が経済的で、通常ユーザー一人当たりの料金制より50%安くなることがあります。

CohesityとM365のバックアップ

M365のネイティブバックアップ機能には限界があるため、各企業は責任を持って自身のM365のデータを保護する必要があります。CohesityのMicrosoft 365向けのエンタープライズクラスの包括的バックアップおよびデータ管理ソリューションは、M365、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive、Teams、Groupsを保護するシンプルで効率的な手段です。

Cohesityでは、M365のデータをオンプレミスで、Microsoft Azure内で、またはCohesityが提供するBackup as a Service (BaaS) を利用してバックアップすることができます。

なぜCohesityですか?

  • シンプルです: M365データを自動検出し、自動保護することができます。メールボックス、グループ、ファイル、フォルダーを自動的に検出し、保護することにより、データ保持とコンプライアンス要件に対応します。
  • セキュアです: 即時のグラニュラーリカバリと、さまざまなメタデータフィールドに応じた特定の電子メールやファイルの検索機能により、eディスカバリーをシンプルにし、サイバー攻撃に対抗することができます。
  • インテリジェントです: メタデータのインデックス作成により、メールボックスやファイル、フォルダーのコンテキストに応じたアクセス回復ワークフローを自動化し、グローバル検索を容易にし、社内外の脅威からの迅速な回復を行うことを可能にします。特定のSLAを設定した自動ポリシーを作成し、データ保持ルールを設定しておけば、あとは忘れることができるので、増加し続けるM365のデータを保護しながら、時間を節約することができます。
  • 柔軟性があります: 独自のビジネス要件を満たすためにカスタマイズされたバックアップ保持期間に対する幅広いリストアオプションで、ポリシーに柔軟性と拡張性を持たせることができます。
  • 効率的です: M365のユーザーアカウントに追加された新しいメールボックスやファイル、フォルダーを自動的に保護できます。
  • 拡張性があります: Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive、Teams、Groupsのネイティブクラウド統合により、オブジェクトを元の場所へ、または別の場所 (クラウドを含む) へリストアし、災害復旧の代替手段とすることができます。

 

サポートヒーローバナー

M365のバックアップ

詳細はこちら
サポートヒーローバナー

M365のバックアップ

詳細はこちら

その他お奨めのニュース

Simplify Backup and Recovery for Microsoft 365
ソリューション概要

Microsoft 365の包括的な保護

詳細はこちら
X
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください