次世代データ管理ソリューションのリーダーであるCohesity (日本法人: Cohesity Japan株式会社、東京都千代田区、以下「Cohesity」) は、Threat Defense (脅威防衛) アーキテクチャに新たに加わった「Security Advisor」を発表しました。本機能は、急速に巧妙化し被害が拡大しているサイバー攻撃の時代に、お客様が簡単にセキュリティ体制を改善できるよう支援します。この新機能は、Cohesity Heliosデータプラットフォームで管理されているお客様の環境において、人為的ミスを減らし、より高いレベルのサイバーレジリエンスを実現します。

Security Advisor は、さまざまなセキュリティ設定を含む、お客様のCohesity環境をスキャンし、アクセス制御、監査ログ、暗号化フレームワークなど、Cohesityデータクラスタ環境のセキュリティを保護する上で重要となる多くの要素を考慮しています。そして、Cohesityのベストプラクティスに対するパフォーマンスを示すスコアをユーザに提供します。さらに、潜在的なリスクに対処するためのレコメンデーションを提供することで、内部および外部の悪意のある攻撃者からプラットフォームとデータの安全性を維持することができ、これによりサイバー攻撃によるデータ流出を最小限に抑えることができます。

Security Advisor は、Cohesity Marketplace上のCyberScanアプリケーションを通じてCohesityが現在提供している製品を補完するものです。CyberScanを使って、バックアップのスナップショットに対し脆弱性に対するオンデマンドスキャンまたは自動スキャンを実行することで、本番環境におけるサイバー脅威に対する弱点や盲点を発見することができます。

この新機能は、サイバー脅威、セキュリティ侵害、ランサムウェア攻撃が世界中の企業を悩ませ続けている中で発表されました。調査によると、ランサムウェアの攻撃は2021年上半期に93%も急増しています。サイバー攻撃の増加、ランサムウェアの脅威、クラスターセキュリティの管理における人為的ミスの可能性などを考慮すると、お客様は、自社のセキュリティ体制を評価し、懸念事項に迅速に対処するために、迅速かつシンプルで包括的なアプローチを必要としています。

Cohesityの最高情報セキュリティ責任者であるBrian Spanswickは、次のように述べています。
「企業はデータの生成と管理に様々なツールを使用していますが、各ツールはそれぞれ独自のセキュリティ設定を有しているため、全ての設定を確認し、全ての異種テクノロジーへのアクセスを制御することは困難です。可視性とコントロールの欠如は、IT環境をサイバー攻撃に対して脆弱な状態にします。」

Security Advisor: グローバルな可視性とより深いインサイトを提供
Security Advisorのスキャンによって問題を示すスコアが表示された場合、ITチームは次のアクションを迅速にとることができます。

  • セキュリティ体制の改善にもなる構成上の問題への対処方法に関し、より詳細な情報とレコメンデーションを得ることができます。
  • Heliosダッシュボードを使用して、地域、サイト、リージョン全体のすべてのCohesityクラスタのセキュリティ設定を一元管理することができます。
  • 分かりやすいスコアカードで内部のセキュリティ評価を行うことができます。

Enterprise Strategy GroupのData Protection担当practice director であるChristophe Bertrand氏は、次のように述べています。
「私たちの最近の調査によると、ランサムウェアは2022年のIT支出の最優先事項であり、ランサムウェアへの備えは、今や経営陣や役員室で中核となるビジネス上の会話となっていることがわかりました。サイバー犯罪者がより攻撃的で創造的になる中、サイバーセキュリティのスキル不足を背景に、企業は最適なセキュリティ体制を維持するのに苦労しています。Cohesityは、Security Advisorを提供することで、データ保護機能を強化する方法をお客様に理解していただき、リスクを軽減し、潜在的な脅威にさらされる機会を減らすことを可能にします」

価格とご利用方法
Security Advisorは、Heliosプラットフォームの一部であり、世界中のすべてのお客様が追加費用なしですぐにご利用いただくことが可能です。Helios Security DashboardのSecurity Advisorからアクセスできます。

Cohesity Japanについて

Cohesityは、データ管理を根本的にシンプルにします。データセンター、エッジ、クラウドにかかわらず、データの保護と管理、データからの価値創出を容易にします。 Cohesityは、バックアップとリカバリ、ディザスタリカバリ、ファイルとオブジェクトサービス、テスト/開発、データコンプライアンス、セキュリティ、アナリティクスなどのサービスを1つのマルチクラウドデータプラットフォームに統合することで、複雑さを軽減し、大量のデータの断片化を排除します。 Cohesityは、as a serviceで、セルフマネージドで、またはCohesityを搭載したパートナーを通じて提供しています。

 

©2021 Cohesity, Inc. 無断複写/転載を禁じます。 Cohesity、Cohesityロゴ、Helios、およびその他のCohesityマークは、米国および/または国際的なCohesity,Inc.の商標または登録商標です。 その他の会社名および製品名は、関連する各社の商標である場合があります。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
Japan

J-Spin Inc.
David Huerta
cohesity@jspin.co.jp
+81-03-5269-1038

その他お奨めのニュース

Press Release

Cohesity Launches Security Advisor – Making It as Easy as Scan, Score, Remediate to Improve Security Posture...

詳細はこちら
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください