VMwareバックアップ

サポートヒーローバナー

VMwareバックアップとは?

VMwareバックアップは、VMware環境の仮想マシン (VM) から他の別の場所にデータをコピーして、データの消失や破損を防止するプロセスです。従来型のバックアップソフトウェアに依存すると、仮想マシンに「リソース競合」が発生することがあるため、リスクがあります。これは、共有リソースへのアクセスに関する競合で、パフォーマンスが低下することがあります。そこで必要になるのは、すべてのオンプレミス、エッジ、およびパブリッククラウドのVMware仮想マシン環境を大規模にバックアップし、任意の時点に復元できるエンドツーエンドのソフトウェア定義ソリューションです。

VMwareバックアップが重要である理由

仮想マシンは、今日のIT環境のコンピューティングとストレージの両方における標準的な単位です。組織よっては、IT環境を完全またはほとんど完全に仮想化して運用しています。VMwareは、仮想マシンに関連するテクノロジーにおける主要なハイパーバイザープロバイダーです。したがって、VMwareバックアップはバックアップとリカバリのあらゆる戦略の重要な要素です。

サイバー犯罪者が組織のデータをランサムウェアの標的にすることが多くなっており、ビジネスの継続には堅牢なVMwareバックアップが必要です。ランサムウェアの攻撃者は、2031年までに2秒ごとに企業を標的にするようになるとアナリストは予測しています。最も効果的なVMwareバックアップソリューションには、ランサムウェアを検出して阻止し、組織が攻撃された場合の迅速なリカバリを支援する包括的な機能が含まれます。

安全で簡単に管理できるVMwareバックアップを保有することは、企業がコンプライアンス要件を満たすためにも必要です。多くの場合、監査者は担当チームが長期のデータ保持ポリシーに準拠し、必要に応じてデータリカバリを容易に開始できることを示すように求めます。

VMwareのバックアップオプション

VMwareのデータソースをバックアップする方法を検討する際には、いくつか選択肢があります。最も一般的なオプション:

  • エージェントベースのバックアップ — 各仮想マシンにインストールされているエージェントを使用して、バックアップするアプリやデータを定義し、物理マシンでVMをバックアップする要領でバックアップします。この方法では、個々のデータやアプリをグラニュラーに保護およびリカバリできますが、VMwareホストのオーバーヘッドが増大します。
  • ファイルベースのバックアップ — 完全な仮想マシンディスク (VMDK) ファイルを迅速にバックアップできます。これは、VMファイルとして保存される単一のVMで、時間がかかる完全なOSバックアップは含まれません。このアプローチでは、不要なデータも含まれますが、リストア時にすべてが復元されます。
  • エージェントレスバックアップ — Cohesityなどの近代的なバックアップとリカバリのソリューションはVMware vStorage APIをサポートし、VMware ESXiホスト全体のすべてのVMのバックアップとリカバリを確実に実行します。このソリューションは、フルバックアップと増分バックアップの両方をサポートし、任意の時点のVMへの即時マスリストアが可能です。

VMware仮想マシンをバックアップする方法

最新のバックアップソリューションでは、VMware仮想マシンのバックアップが簡素化されています。たとえば、CohesityはVMwareのスナップショットテクノロジーおよびVMware vCenterと連携して、以下のことができます。

  • ネットワーク接続されていないスタンドアロンのバックアップソフトウェア、ターゲットストレージ、プロキシサーバー、メディアサーバー、およびクラウドゲートウェイを単一のソリューションに統合する
  • エンタープライズのさまざまなアプリ、データベース、ネットワーク接続型ストレージ (NAS)、およびVMwareハイパーバイザー上で仮想マシンとして実行されるワークロードに包括的なデータ保護を提供する
  • さまざまな場所の仮想マシン、ファイル、およびオブジェクトをグローバルに検索し、任意の時点に大規模かつ即座にリカバリする

VMバックアップの仕組み

Cohesity DataProtectなどのバックアップとリカバリのソフトウェアソリューションを使用すると、仮想環境のデータ保護を簡素化して、ビジネスのコストと複雑さを大いに低減できます。ソリューションがVMwareと緊密に統合されていると、仮想環境の完全なリストを瞬時に確認できるため、バックアップして保護する必要がある仮想マシンを選択できます。VMは、サービスレベル契約 (SLA)、保持期間、またはアプリケーショングループに基づいてカスタマイズできる使いやすい保護プロファイルを使用して保護できます。このプロセスは利用可能な VADP (VMware APIs for Data Protection) を活用するため、仮想化されたインフラストラクチャ全体にゲスト内エージェントをインストールする必要がなくなります。新たに追加された仮想マシンは自動検出されて、必要なSLAを満たす保護ポリシーに反映されます。単一の画面を使用して簡単で直感的に管理できるポリシーにより、プラグアンドプレイで日常業務を管理できます。

VMware vSphereとは?

VMware vSphereは、業界をリードするコンピューティング仮想化プラットフォームです。土台となるハードウェアからオペレーティングシステムおよびそのリソースを抽象化する仮想マシン (VM) を作成して実行するための最初のハイパーバイザーソフトウェアであるvSphereは、現在、ネイティブKubernetesを使用して構築されています。vSphereは、新しいアプローチによって従来型と近代型の両方のアプリケーション向けのエンタープライズプラットフォームに発展しました。vSphereを使用すると、企業は開発者対応のインフラストラクチャを提供し、危殆化することなく拡張して運用を簡素化できます。仮想マシンを作成して実行するためのvSphereは世界中の組織に普及しているため、企業がコンピューティング環境内でバックアップしてリストアする必要がある主要データソースになっています。

即時マスリストアとは?

即時マスリストアとは、数十から数千の仮想マシンのリカバリです。これは、ランサムウェア攻撃などによって大規模な運用停止が発生した場合に重要な機能です。このプロセスは、無制限の数のVMware仮想マシンの任意の時点への即時のリカバリです。

仮想マシンのスナップショットはバックアップですか?

いいえ。VMwareのスナップショットをバックアップに使用する代わりにVMwareのベストプラクティスを推奨します。なぜなら、スナップショットファイルはプレースホルダであり、元の仮想ディスクの変更ログであるためです。ディスクが削除された場合、スナップショットファイルだけでは仮想マシンをリストアできません。これに対して、サードパーティのバックアップソリューションは、アプリケーション全体、仮想マシン、またはシステムを保護できるアプリケーション一貫性のあるスナップショットを作成して、リストアが必要になるまで保持できます。

VMwareのインスタントマスリストアとは?

VMwareのお客様は、Cohesityのインスタントマスリストアを使用すると、1台から10台、数百台、数千台のVMさえもグローバルに検索を行い、瞬時にリストアを行うことができます。

Cohesityは、すべてのスナップショットを完全にハイドレイトし、リストア可能な状態で維持します。完全にハイドレイトされたスナップショットとCohesityのMegaFile機能、および真の分散アーキテクチャを組み合わせることで、チームは任意の時点から無制限の数のVMware VMを瞬時に大規模リストアを行うことができます。

CohesityとVMwareのバックアップ

組織にとって、データは人材に次ぐ価値ある資産です。しかし、大量データの断片化 (さまざまな場所、インフラのサイロ、クラウド、および管理システムにおけるデータの拡散) によって、VMware環境におけるすべてのデータの保護、管理、および値の抽出は困難になっています。

Cohesityは、単一のソフトウェア定義プラットフォームによって、VMware Cloud on AWS、VMware Cloud Foundation、VMware Cloud Director、VMware vSphere、VMware vSAN、VMware vRealize Automation、VMware vRealize Orchestratorとシームレスに統合し、VMwareソリューションを幅広くサポートしています。

Cohesityは、バックアップのモダナイズを目指している組織に、オンプレミスのソリューションとシンプルなData Management as a Service (DMaaS) ソリューションで、VMware仮想マシンの保護を提供します。オンサイトやクラウドなどあらゆる場所のVMware資産全体を保護し、SaaSとデータセンターのデプロイメントを一元管理することができます。

CohesityのVMware VM向けDMaaSは、下記を提供します:

  • シンプル — 直感的なユーザーインターフェイスで、あらゆるワークロードに対応する業界唯一の包括的なフロントエンド容量ベースの価格を提供
  • 効率的 — 変更ブロック追跡 (CBT: Change Block Tracking) による最適化されたデータ転送で、迅速なバックアップとリカバリに加え、必要なデータの瞬時検索機能を提供
  • 安全 — 柔軟なキー管理によって転送中のデータも保存中のデータも暗号化し、データを隔離することでサイバー攻撃からの復旧を可能に

Cohesityは、VMwareの全製品を対象に、完全なデータ保護とサービスを提供します。また最悪の事態が発生した場合は、Cohesityのインスタントマスリストアを使用して、すべての仮想マシンを任意の時点に即座に大規模リカバリすることができます。

その他お奨めのニュース

glossary

VMware Backup

詳細はこちら
X
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください