マルチクラウド

サポートヒーローバナー

マルチクラウドとは?

マルチクラウドは、複数クラウドとも呼ばれ、異なるクラウドベンダーによる2つ以上のクラウドコンピューティングサービスを1つの環境で使用するIT環境です。マルチクラウドにはパブリックやハイブリッドのクラウドが含まれ、一般的に、単一のクラウド環境に依存するリスクを最小限に抑えるために使用されます。その理由は、あるプロバイダーは大量のデータセット処理といった特定のタスクに優れるなど、プロバイダーによりクラウドサービスもさまざまであるからです。現在では、柔軟性、俊敏性、コストの理由からマルチクラウド戦略を追求する組織が増加しています。

なぜマルチクラウドが重要なのか?

古い格言に「すべての卵を1つのカゴに入れるな」というものがあります。1つのアクシデントですべての卵が割れた場合に選択肢がなくなるようなリスクを軽減するためです。マルチクラウド戦略を選択する企業は、ワークロードとサービスを複数プロバイダーに分散することでこの考えを忠実に守り、機能停止を阻止し、業界最高クラスのパフォーマンスと機能の獲得に努めています。

クラウドサービスのプロバイダーは、次のいずれかになります。

  • ハイパースケーラー(例:Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform)
  • データ主権を確保する、国また地域のパブリッククラウドサービスプロバイダー
  • 業界向けパブリッククラウドサービスプロバイダー(例:ヘルスケアまたは金融サービスのクラウド)
  • オンプレミスのクラウドサービスを使用し、多数のベンダーや場所からクラウドへ拡張する組織(ハイブリッドクラウド)

クラウドプロバイダーは、異なる分野、異なる速度でイノベーションを起こします。どのプロバイダーを選択しても、マルチクラウド戦略なら、さまざまなクラウドプロバイダーから、それぞれの特有の強みに基づいて最適なサービスを導入できます。たとえば、統合された人工知能(AI)サービスの提供を専門とするクラウドプラットフォームがある一方で、オンプレミスなど既存の環境との統合に優れたプラットフォームもあります。

組織は、次の理由からマルチクラウド戦略の導入に意欲的です。

  • コスト — クラウド環境の選択肢が複数あることで、ベンダーロックインを防ぎ、コストについての交渉や管理がより効果的に行えます。
  • ベスト・オブ・ブリードのテクノロジー — マルチクラウド戦略により、適切なジョブに適切なクラウドサービスを選択できます。
  • スケーラビリティ — マルチクラウドなら単一のプロバイダーに制限されることなく、需要に応じてスケールアップまたはスケールダウンが可能です。
  • 低リスク — プロバイダーの1つがダウンしても、他のプロバイダーへ切り替えることで中断を阻止できます。
  • 法規制の順守 — それぞれのクラウドベンダーがHIPAA、GDPR、またはPCIなど、それぞれの業界と政府の要件向けに異なる認証を取得し、コンプライアンスを合理化します。

ところが、マルチクラウド戦略の導入には、多数のさまざまなベンダー関係のかじ取り、さまざまなソリューションによるコスト構造、さまざまなデータ管理ツール、API、ユーザーインターフェースのマスターが必要であり、多くの組織にとって依然として困難が伴います。

マルチクラウド?それとも複数クラウド?

マルチクラウドは複数クラウドとも呼ばれ、どちらも同じ戦略を表します。企業がワークロードとサービスを複数クラウドプロバイダーに分散します。これには、自社のプライベートクラウドを含む場合もあります。そうして最高のパフォーマンスで最高の機能を実現しながらダウンタイムを最小限に抑えます。

マルチクラウド環境とは?

すべてのクラウドサービスがパブリッククラウドプロバイダーにより提供されているか、あるいは組織にパブリッククラウドプロバイダーと自社による組合せのサービス(ハイブリッドクラウド)があるかに関わらず、その組織にはマルチクラウド環境があります。

マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いとは?

ハイブリッドクラウド戦略は、マルチクラウド戦略のタイプの1つと見なされることがよくあります。しかしハイブリッドクラウドでは、組織は少なくとも1つのパブリッククラウドプロバイダーによるサービスと、オンプレミスのクラウドを使用することが必要な点で違いがあります。これに対し、マルチクラウド戦略では、組織はパブリッククラウドプロバイダーによるクラウドサービスを少なくとも2つ使用する必要があります。

マルチクラウドデプロイメントとは?

マルチクラウドデプロイメントとは、ワークロードをプライベートとパブリックのクラウドに移行するプロセスです。このように展開されたマルチクラウドワークロードは、Webスケール、マルチクラウドデータ管理プラットフォームのメリットを得ることで、複数クラウドにわたるデータを保護・管理できます

マルチクラウドは信頼できるか?

はい、マルチクラウドは信頼できます。なぜなら、可用性を維持するのが、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloudなどハイパースケーラーのジョブだからです。アプリケーションを複数のクラウドで実行し、機能が停止した場合は1つのクラウドから別のクラウドへフェイルオーバーすることで、信頼性はさらに高まります。

マルチクラウドの例は?

マルチクラウド環境の例には、Salesforce.comやAdobe Creative CloudなどのSaaSアプリケーション、オンデマンドインフラにAWS、Backup as a ServiceにCohesityを活用している組織があります。

クラウドとハイブリッドの違いとは?

クラウドとは通常、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudといったハイパースケーラーや多数の地域サービスプロバイダーなど、クラウドベースのアプリケーションの使用、またはオフサイトのパブリッククラウドインフラへのワークロードデプロイメントを表すのに使用されます。ハイブリッドクラウドとはクラウドコンピューティング環境の一種で、組織はワークロードをオンプレミスのクラウドインフラに展開しながら、同時にパブリッククラウドプロバイダーのオフサイトインフラにホストされたSaaSやクラウドアプリケーションサービス(AWS、Azure、Google Cloudなど)をうまく活用します。

ハイブリッドマルチクラウドとは?

ハイブリッドマルチクラウドをうまく活用している組織は通常、3つ以上のクラウドを日常の運用に使用しています。ハイブリッドマルチクラウドの組織の例:

  • ワークロードまたはクラウドサービスをオンプレミスで展開
  • パブリッククラウドで実行されるSaaSアプリケーションまたはサービスを展開(Microsoft 365またはSalesforceなど) 
  • 効率性または俊敏性のために、アプリケーションまたはワークロードをパブリッククラウド(AWS、Azure、Google Cloud、Alibaba、または地域もしくは業界向けのクラウドプロバイダーなど)に移行
  • データ管理にパブリッククラウドインフラ、またはBackup as a Serviceなどの保護サービスを使用

パブリック/プライベートとハイブリッドクラウドコンピューティングの違いとは?

パブリック/プライベートとハイブリッドのクラウドコンピューティングは、同じクラウド戦略です。ワークロードとサービスを、クラウドプロバイダーと自社のオンプレミスクラウドサービスに分散している企業は、ハイブリッドクラウドを運用しています。

成功したハイブリッドクラウド戦略は、パブリック/プライベートのコンポ―ネントの組合せに勝ります。これらを使用するチームは同じプラットフォームとUIを活用し、シームレスなハイブリッド運用の開発を目指します。ここでの大事な要素は、オンプレミスのリソースとパブリッククラウドが異なる要素を維持しながら、結びついて」いることです。これにより、チームはパブリックとプライベート、またはハイブリッドのクラウド導入によるメリットという点で、両方のそれぞれの長所を活かすことができます。

Cohesityとマルチクラウド

Cohesity Heliosマルチクラウドデータプラットフォームは、さまざまなベンダー、テクノロジー、場所にあるデータソースとサービスを統合して、クラウドサイロを解消します。

Cohesityは、マルチクラウドやハイブリッドIT環境が企業にもたらすすべての利点を理解し、マルチクラウド戦略向けに構築されています。Cohesityのマルチクラウドデータプラットフォームはパブリッククラウドとのネイティブな統合により、データのコントロールを維持しながら、バックアップからディザスタリカバリまで、さまざまなユースケースでその拡張性と従量制モデルを利用することができます。たとえば、Cohesity Heliosを使用すると、Cohesityクラスターをパブリッククラウドに展開してクラウドネイティブのアプリを保護したり、オンプレミスからハイブリッドクラウドへのレプリケーションを可能にしたり、Cohesity Data Management as a ServiceのSaaS製品のサブスクリプションでマルチクラウドのデータを管理することができます。

Cohesityの特性は、マルチクラウドのデータ管理ビジョンの実現に不可欠です:

  • クラウドネイティブ、グローバルな効率化 — 複雑さ、コスト、リスクを軽減し、ソフトウェアまたはSaaSが選択可能な最高レベルのグローバルな効率化で、クラウドの拡張性と使いやすさを享受いただけます。
  • 1つのプラットフォーム、ユニバーサルな保護 — Cohesityの単一、ハイパースケールデータプラットフォームは、ハイブリッドとマルチクラウドの環境に分散したすべてのデータを迅速に統合/保護します。
  • より少ない管理でより多くの革新 — グローバルな可視性でデータ管理をシンプル化、自動化し、サードパーティアプリのデータへ直接アクセスして、セキュリティ、インサイト、イノベーションを実現します。

CohesityのプラットフォームはSaaSまたはパブリッククラウドでネイティブに実行するソフトウェアとして提供され、クラウドネイティブのワークロードを保護します。オンプレミスに展開した場合は、パブリッククラウドとのシンプルな接続を提供し、データセンターインフラを拡張して、長期保持、階層化、ディザスタリカバリ、アジャイルな開発/テストを実現します。 

組込みのCohesity機能なら、オンプレミスからマルチクラウドのデータソース、Microsoft 365などのSaaSアプリとデータまで、マルチクラウドを活用して柔軟にバックアップとリストアを行うことができます。また、ポリシーを最も効率的に使用して、ホット、ウォーム、コールドデータを階層化し、テープへの依存を自信を持って止めることができます。 

マルチクラウド戦略を導入する最大の理由は選択の幅のため、Cohesityは柔軟性を備えた究極のデータ管理プラットフォームを提供します。Cohesityには、複数クラウド、ハイブリッドクラウド、オンプレミス、SaaSにわたり導入場所を最も幅広く選択でき、マネージドまたは従量課金モデルとしても利用できることが特徴です。

その他お奨めのニュース

manage-data-thats-fragmented-across-cloud-thumbnail
ソリューション概要

クラウド上で断片化した データを管理する

詳細はこちら
state-data-marketing-report-og
調査レポート

データ管理の現状に関するレポート

詳細はこちら
X
Icon ionic ios-globe

英語版のコンテンツを見ようとしています。このまま続けますか?

この警告を再度表示しないでください